あたみ着物まち歩きの第3弾「浴衣でクルーズ」をアピールする永田さん(左)ら=市役所

 ■ファッションショーも

 着物姿で熱海を楽しむイベント「あたみ着物まち歩き」(あたみ着物姿普及委員会主催)の第3弾が18日、熱海市内で開かれる。初島航路の“浴衣クルーズ”がメインで、船上浴衣ファッションショー、街歩きなどを楽しむ。同委員会は「思い思いの浴衣姿で参加してほしい」と呼び掛けている。

 富士急マリンリゾートの協力で企画した。当日は午後2時にJR熱海駅前に集合し、記念撮影後、仲見世、平和通り両商店街からお宮の松、ムーンテラスをコースにまち歩きを行う。熱海まち歩きガイドの会のメンバーが案内役を務める。

 浴衣クルーズは熱海―初島の最終便(午後5時20分熱海港発)で、高速船イルドバカンス・プレミアを利用する。復路でデッキをランウェイにしてファッションショーを繰り広げる。

 参加費はまち歩きツアー500円、クルーズ1500円(小学生以下無料)。途中参加が可能で、浴衣のレンタルや着付けは相談に応じる。

 同委員会は着物レンタルサービスを行う事業者が市内に住む映像やスタイリング、プロデュースのプロと連携して立ち上げた。2、5月に街歩きイベントを実施したほか、6月の熱海国際映画祭のレッドカーペットでは、メンバーが浴衣のスタイリングを担当するなど活動を広げた。

 イベントや浴衣レンタル・着付けの問い合わせは同委員会代表の永田雅之さん〈携帯090(8318)0453〉へ。

 【写説】あたみ着物まち歩きの第3弾「浴衣でクルーズ」をアピールする永田さん(左)ら=熱海市役所