チームの威信をかけた綱引きで迫力の力勝負を繰り広げる参加者=長浜海浜公園

 ■世代超え交流楽しむ

 熱海市内の7地区で7日、2018年度地区体育祭が行われた。真夏日のもと、幼児から90代の高齢者まで老若男女が徒競走やリレー、綱引き、パン食い競走など趣向を凝らした競技に汗を流し、世代を超えた交流を楽しんだ。

【ワイド面に各地区体育祭】

 上多賀 

威信かけ綱引く

 長浜海浜公園で行われた上多賀町内会の体育祭には約800人が参加し、5ブロックに分かれて18競技を繰り広げた。

 男女混合の綱引きは各チームが威信をかけた迫力のトーナメント戦を展開。掛け声に合わせてこん身の力で綱を引っ張り、勝者チームが「やったー」と手をたたき合って喜んだ。

 子ども中心のチームで初戦敗退した多賀中2年の斉藤志君は「やっぱり大人の力ってすごい。こんなに差が出るとは思わなかった」と悔しがった。

 【写説】チームの威信をかけた綱引きで迫力の力勝負を繰り広げる参加者=熱海市の長浜海浜公園