大型連休が始まり、行楽客らでにぎわうJR熱海駅=田原本町

 ■周辺商店街 順番待ちの列も

 皇位継承に伴い、初の10連休となる大型連休が27日、スタートした。伊豆の行楽地やふるさとで過ごす人たちのラッシュも始まり、熱海市内の主要道路や鉄道駅が混雑した。

 JR熱海駅は昼頃から、多くの行楽客でごった返した。キャリーバッグを引きながら改札を出て、スマートフォンで観光スポットや飲食店を確認する若者グループ、駅前で記念撮影をする家族連れの姿が目立った。

 家族旅行で訪れたという千葉県四街道市の会社員川口真さん(50)は「前から熱海に来てみたかった。1泊だが温泉だけでなく、商店街の散策を楽しみたい」と話した。

 JR東日本熱海駅によると、横浜―熱海の特急「踊り子」は指定席の売れ行きが好調で、担当者は「雨と寒さの影響で出足は若干鈍いようだが、28日以降はもっと混雑するのではないか」と話した。

 駅周辺の商店街の飲食店の中には、11時すぎから順番待ちの列ができる店もあった。

 【写説】大型連休が始まり、行楽客らでにぎわうJR熱海駅=熱海市田原本町