田方支部操法大会に出場する第4、第11分団の出場選手ら=市役所

 ■第4分団(伊豆山)第11分団(網代)

 熱海市消防団は20日夜、消防団員の放水手順の速さ、正確さなどを競う「田方支部消防操法大会」に向け、壮行会を市役所で開いた。市消防関係者ら約150人がポンプ車操法の部に出場する第4分団(伊豆山)、小型ポンプ操法の部に出場する第11分団(網代)を激励した。

 片上輝清・第4分団長は「令和元年度の大会に出場でき、光栄。皆さんの期待に応え、優勝旗を勝ち取りたい」、堀井綱志・第11分団長は「約1年間にわたり、分団一丸となって練習に取り組んで来た。市の代表として結果が出せるよう努める」と健闘を誓った。選手の紹介では一人一人に拍手が贈られた。桜井佳久・消防団長は「今までの訓練の成果を出せるよう、大会に向け体調を整えてほしい」と訓示した。

 市消防署と市消防団OBでつくる纏(まとい)会、市消防団から激励金の贈呈もあった。壮行会は雨天のため、操法の実演は中止した。

 同大会は隔年開催で、本年度は26日に伊豆市の修善寺虹の郷駐車場で行われる。6市町で競い、優勝すると県大会の出場権を得る。

 出場選手は次の通り。

 【ポンプ車操法】指揮者 高橋裕気▽1番員 高橋幸大▽2番員 山田裕之▽3番員 高橋一平▽4番員 山田晃生▽補助員 小沢宏昭

 【小型ポンプ操法】指揮者 関野修弘▽1番員 千葉英晃▽2番員 土屋翔太▽3番員 松山弘夢▽補助員 内田雅也

 【写説】田方支部操法大会に出場する第4、第11分団の出場選手ら=熱海市役所