水辺を飛び交い来園者を魅了するホタル=熱海梅園

 ■幻想的光景「きれい」

 熱海市の熱海梅園で1日夜、初夏イベント「ほたる観賞の夕べ」(市観光協会主催)が始まった。初川の清流に無数のホタルが乱舞し、幻想的な光景が来園者を魅了した。9日まで。

 園内が夕闇に包まれる頃、水辺の葉陰でホタルが淡い光を放ち始め、次第にその数を増やした。飛び交うようになると、川沿いの園路や橋の上に集まった来園者からは「きれい」「チカチカしてる」といった歓声が上がった。

 東京都から子ども連れで訪れた30代の女性は「ホタルを見たのは初めて。感動した」と声を弾ませた。

 開催時間は午後7~9時。入園・見学は無料だが、駐車場は有料(300円)。

 問い合わせは市観光協会〈電0557(85)2222〉へ。

 【写説】水辺を飛び交い来園者を魅了するホタル=熱海市の熱海梅園