新発売や新商品という言葉にめっぽう弱く、コンビニエンスストアやスーパーの帰り道に反省することが多い。本当は何を買いに行ったのだろうと目当ての品以外で膨らんだ袋を片手に悩むことがある。

 清涼飲料水のコーナーに行くと、透明なジュースやお茶などを多く見かけるようになった。フルーツ、紅茶、コーヒーなど多種多様、続々と透明飲料が登場している。6月半ばにはノンアルコールビールも発売予定というから驚きだ。

 透明飲料の利点として、着色汚れが付きにくい、色つきの製品よりもカロリーが低いことが多い。いずれカロリーも“透明な”チョコレートやから揚げも出ないものだろうか。(祥)