起点の橋脚から「やじろべえ」のように左右に橋桁を延ばしていく高架橋、狩野川をまたぐ巨大なアーチ橋…。田方平野を通過するたび、着々と進む伊豆縦貫自動車道・天城北道路の進捗[しんちょく]に目を見張ってきた

 ▼その工事も大詰めを迎え、来年3月末までには完了する。事業を進める国土交通省は、2014年に全線開通した東駿河湾環状道路同様、伊豆最大の集客イベント「河津桜まつり」に合わせ、前倒し開通を調整している

 ▼天城北道路が開通すると、東名・新東名高速道路から伊豆市月ケ瀬の天城湯ケ島インターチェンジ(IC)まで約34キロ間が自動車専用道路でつながる。さらに、天城湯ケ島ICに直結する国道136号・下船原バイパスが同時開通し、西海岸へのアクセスが向上する

 ▼6年前の起工式で、来賓あいさつに立った地元伊豆市の菊地豊市長は「待ちに待ちに待ちに待ちに待った」と“待った”を5回繰り返した。半島中央での縦貫道の本線工事着手は歴史的・画期的な出来事で、待たされた歳月の長さと期待の大きさを示した

 ▼下田まで全線60キロの開通は、しばらく時間を要するが、伊豆南部でも整備が加速している。来春の開通式で、今度はどんなあいさつをするのか、楽しみだ。