伊東市をはじめ、英国人ウィリアム・アダムス(日本名・三浦按針)にゆかりの深い4市が東京のNHKで、按針と徳川家康を題材にした大河ドラマの制作を要望した。

 4市(伊東市、神奈川県横須賀市、大分県臼杵市、長崎県平戸市)でつくるANJINプロジェクト連絡協議会による要望は5回目。家康が按針に領地を与えたことで知られる横須賀出身で顧問の小泉進次郎衆院議員は「按針との関係上で、家康を権謀術数の策士のイメージではなく、イノベーター(革新者)として、新しい姿を描くことができる」とアピールした。

 伊東は日本初の洋式帆船建造の地。あまり知られていない歴史を広く周知するため、ドラマ化の早期実現を目指したい。(佐)