名古屋市内で行われた映画「DESTINY 鎌倉ものがたり」の舞台あいさつで、台本をのぞき込む(左から)中京テレビの上山元気アナウンサー、堺雅人さん、山崎貴監督

 俳優の堺雅人さんが6日、名古屋市内で行われた主演映画「DESTINY 鎌倉ものがたり」(山崎貴監督、9日公開)の舞台あいさつに山崎監督とともに登場した。司会を担当した入社2年目の中京テレビ(名古屋市中村区)のアナウンサーの緊張をほぐそうとジョークを飛ばしたり、フォローしたり、アナウンサーが手に持つ舞台あいさつの台本をのぞき込んで「何を答えればいいの?」と聞いて観客を笑わせるなど“神対応”を見せた。

 この日、司会を務めたのは中京テレビの上山元気(うえやま・げんき)アナウンサー。芸能人へのインタビューはこの日、舞台あいさつ前に行った堺さんが初めてで、舞台あいさつの司会をするのも、この日が初めてというフレッシュなアナウンサーで、堺さんらを壇上に招く前から、緊張の面持ちだった。

 堺さんは登場するなり「(聞いていて)袖で緊張しましたよ、上山さんの前説! 老若男女と言えましたね!」とジョークで場をなごませた。さらに司会をしながら、ところどころ間が空いてしまう上山アナに「2年目だから! (始まる前から)すごい緊張なさってた」とフォローしていた。

 一方で上山アナが「お二人がこれまでにデスティニー(運命)を感じた瞬間は」と聞くと、打ち合わせでボツになった質問だったと暴露し、「さっきインタビューで『(この質問は)ないね』ってなって、あなたもそう言ったじゃない」と苦笑い。上山アナに同じ質問をし「この出会いがデスティニー」と言われると、「さっきも言ったよね、その話!」と遠慮なしに突っ込み、観客は大爆笑。最後は「名古屋のみなさん、(上山アナを)よろしくお願いします」と“プッシュ”し、最後まで上山アナを気遣いながらトークを繰り広げ、観客を楽しませていた。

 映画は、「月刊まんがタウン」(双葉社)で連載中の西岸良平さんのマンガ「鎌倉ものがたり」が原作。霊や妖怪、神様が住む古都・鎌倉が舞台で、ミステリー作家の一色正和(堺さん)の元に嫁いだ亜紀子(高畑充希さん)が、ある日黄泉(よみ)の国に連れ去られてしまい、正和は亜紀子を取り戻すため黄泉の国に向かう……というストーリー。主題歌を宇多田ヒカルさんが担当する。

MANTANWEB