4月スタートのNHKの連続テレビ小説「半分、青い。」に出演が決まった志尊淳さん

 俳優の志尊淳さんが 女優の永野芽郁さん主演で4月にスタートするNHKの連続テレビ小説(朝ドラ)「半分、青い。」で、同性愛者の美青年・藤堂誠(通称・ボクテ)を演じるこことが10日、分かった。志尊さんが朝ドラに出演するのは今回が初。藤堂は、豊川悦司さん扮(ふん)する少女マンガ家・秋風羽織(あきかぜ・はおり)のアシスタントで、「ボクって……」が口癖。ヒロインの楡野鈴愛(にれの・すずめ、永野さん)とは“戦友”になるという。

 また清野菜名さんが、藤堂と同じく秋風のアシスタントで鈴愛の生涯の親友となる小宮裕子を演じ、鈴愛の幼なじみの律(佐藤健さん)が運命を感じる美少女・伊藤清役で古畑星夏さん、律の大学での同級生・朝井正人役で中村倫也さんが出演することも発表された。清野さんと古畑さんも今回が朝ドラ初出演となる。

 「半分、青い。」は、大ヒットドラマ「ロングバケーション」(フジテレビ系、1996年)などで知られ、“恋愛ドラマの神様”の異名も持つ北川悦吏子さんのオリジナル作品。1971年に岐阜県で生まれ、病気で左耳を失聴したヒロイン・鈴愛が、高度成長期の終わりから現代までを七転び八起きで駆け抜け、一大発明を成し遂げるまでの物語。
 放送は4月2日スタートで、全156回を予定。

MANTANWEB