伊東市荻の自宅の小さな工房でお菓子・パン教室を主宰して2年になります。当初は大人だけの教室を考えていましたが、当時、幼稚園児だった二人のわが子が「一緒に作りたい」と言いました。楽しそうに作っている姿を見て、子ども向け教室も始めました。

 クリスマスやハロウィーン、夏休みや春休みなど子どもが関わる季節の行事は多くあるのでそれに合わせて子ども一人でお菓子を作ります。作業の合間には「楽しい」と言った声が飛び交います。

 何よりもうれしい瞬間は、オーブンから出したときの「わあ」という歓声と笑顔です。一人でできたという達成感と家族と分け合おうとする優しさを感じます。

 大切な人に食べてもらいたいという気持ち、「おいしい」の一言が作ることを楽しくさせます。「作りたい」という気持ちを大切に、作ること、食べることの楽しさを伝えていきたいと思います。

 CHIE・お菓子とパンのアトリエ森田千恵