6人同時に指す“6人指し”を受ける子どもたち

 父の代から受け継いだ将棋道場は、創立から30年以上たった。現在小学2年生~高校生10人が子どもクラスに在籍している。

 礼儀を重んじて指導している。対局開始時や負けた時のあいさつは徹底して行う。田中俊代表が一度に大勢を相手に指す多面指しの後、同じ実力の子ども同士で対戦する。詰め将棋の出題や対局の研究なども行う。

 田中代表は「強くなる子は礼儀がいい。負けはすごく悔しいけれど、強くなるほど、相手を尊敬する」と話す。

 ▽開催日 土曜日午後4~6時

 ▽開催場所 伊東市岡1279の84(代表自宅)

 ▽問い合わせ 田中代表〈電0557(36)8870〉へ。

 【写説】6人同時に指す“6人指し”を受ける子どもたち