選管事務局が移った低層棟2階中会議室で選挙準備を行う職員=市役所

 ■市長選などトリプル選も想定 

 伊東市長選・市議補選(5月14日告示、21日投開票)の告示まで1カ月余りと迫る中、同市選挙管理委員会事務局は、高層棟6階の執務室からより広い低層棟2階中会議室へと移った。職員は県議補選を加えた“トリプル選”も想定しながら、29、30の両日行う候補者届等提出書類、選挙公報掲載文の事前審査をはじめ、本格的な選挙準備に入った。17日からは臨時職員4人も加わるという。

 市長選は出版・情報会社社長の佐藤裕氏(56)と県議の小野達也氏(54)の新人2人が立候補を表明。現職佃弘巳氏(70)=3期=は不出馬を明言している。欠員2の市議補選には電気工事など行う会社社長の稲葉浩治氏(51)とかき氷販売業兼女優の犬飼このり氏(45)が立候補を表明している。ほかにも出馬の動きがある。

 選管事務局の電話番号に変更はない。〈電0557(32)1233〉。

 【写説】選管事務局が移った低層棟2階中会議室で選挙準備を行う職員=市役所