重点目標に掲げた観光振興などについて説明する宮崎氏=宇佐美コミュニティセンター

 ■「観光振興で雇用創出」 

 県議補選伊東市選挙区(16日告示、25日投開票)に自民党から出馬予定の元市議で珠算塾経営の宮崎雅薫氏(61)=川奈=を囲む会(後援会主催)が8日夜、宇佐美コミュニティセンターで開かれた。宮崎氏は「皆さんの声が県政に届くよう県政と市民、市長と県政のパイプ役として活動していきたい」と訴え、支援を呼び掛けた。

 宮崎氏は、重点目標に掲げている観光振興や子どもたちの環境整備・シニア世代の活動の場の創出−などの五つの活動について説明した。「観光振興により雇用の場が生まれ、人口減少の歯止めにもつながる」と指摘し、「従来の1泊2日型から滞在型リゾートを目指し、これからは宿泊客300万人を目指す」と述べた。

 教員の待遇改善をはじめとした教育環境の整備、グラウンドゴルフ場などシルバー世代が交流できる環境整備にも尽力していく考えを語った。看護や医療の専門学校などの誘致にも意欲を示した。

 囲む会は川奈、泉、富戸でも開催された。

 【写説】重点目標に掲げた観光振興などについて説明する宮崎氏=宇佐美コミュニティセンター