総会であいさつする斎藤会長=市役所

 伊東市と伊豆縦貫道を結ぶ道路の整備促進活動に取り組む同市アクセス道路促進同盟会(斎藤稔会長)は6日、市役所で総会を開いた。役員改選を行い、斎藤会長を再選。事業計画を決めた。

 市内のアクセス道路は県道伊東大仁線(北部ルート)と県道中大見八幡野線・池東松原線・伊東修善寺線・伊東西伊豆線(南部ルート)。事業計画にはアクセス道路の整備に向けた情報収集、関係機関へ要望活動実施などを盛り込んだ。

 斎藤会長は「アクセス道路には、観光をはじめとする産業の発展や市民生活の利便性向上に加え、災害時の避難道路や物資輸送路としての役割もある。地域住民や来遊客にとって重要。整備が急がれる」と述べた。

 1993年に発足した同会は、市内の建設・観光・商業団体や市、市議会などで組織している。

 【写説】総会であいさつする斎藤会長=市役所