個性豊かな作品が並ぶ会場=松川町の伊東ふれあいセンター

 ■市振興公社

 伊東市振興公社は11日から、松川町の伊東ふれあいセンターで「伊東高城ケ崎分校アートコース展」を開いている。生徒約60人の油彩や版画、伊東かるたの原画など73点を展示している。18日まで。

 「春霞」という題名の版画は、淡い色彩で石造りの橋と小川、膨らみかけた花のつぼみを描き、佐賀県の春を表現した。

 青山今日子さん(3年)は「個性あふれる作品を見てもらいたい」と来場を呼び掛けている。

 アートコース展は年1回、同校の生徒の活躍を紹介する場として開かれている。今年で9回目。入場無料。時間は午前10時~午後4時。16日は休み。

 【写説】個性豊かな作品が並ぶ会場=松川町の伊東ふれあいセンター