厚生労働省医薬・生活衛生局長表彰受賞を報告する宮川さん=市役所

 ■30年、講座講師務める

 本年度の厚生労働省医薬・生活衛生局長表彰を受けた伊東ライオンズクラブ会員で県薬物乱用防止指導員の宮川正生さん(71)=伊東市八幡野=が29日、市役所を訪れ、小野達也市長に受賞を報告した。

 同クラブは薬物乱用防止の啓発に積極的に取り組んでいる。宮川さんは、クラブ入会と同時に指導員の資格を取った。以来約30年間、薬学講座の講師を務め、街頭キャンペーンに参加するなどの活動を続けた。

 宮川さんは「身に余る光栄」と受賞を喜んだ上で「引き続き、指導員としての活動を続ける。一度でも薬物に手を出したら大変なことになるので、絶対に駄目だと強く訴えていきたい」と話した。小野市長は「30年間続けるのは並大抵ではない。これからも頑張ってほしい」と述べた。

 【写説】厚生労働省医薬・生活衛生局長表彰受賞を報告する宮川さん=市役所