町の部2年ぶりの優勝を果たした函南町のメンバー=静岡市駿河区の草薙陸上競技場

 2日に静岡市で開かれた第18回県市町対抗駅伝競走大会・町の部は函南町が2年ぶりに優勝を果たした。3区の渕瑚春さん(丹那小6年)が区間新記録をマークするなど計5人が区間賞の走りで、優勝に大きく貢献した。

 土屋洋治監督は「区間賞を獲得したメンバーを中心に、持久力や体力が他の選手を上回っていたことと、それ以外のメンバーもペースを落とさずに走りきったことが勝因」と語った。渕さんは「自分の走るペースを崩すことなく完走できた。応援してくれた人に感謝する心を忘れないようにしたい」と話した。

 伊豆地区ではほかに、市の部で三島市の武田亜子さん(3区、三島南小6年)が5分38秒で区間賞に輝いた。

 【写説】町の部2年ぶりの優勝を果たした函南町のメンバー=静岡市駿河区の草薙陸上競技場