小野市長に年賀の品を手渡す伊東旧見番の三島理事長=市役所

 伊東市の伊東芸妓(げいぎ)置屋協同組合(伊東旧見番、三島幸枝理事長)は4日、恒例の「年始回り」を行った。市役所、ホテル・旅館など市内30カ所を3グループに分かれて訪問し、新年のあいさつとともに、変わらぬ愛顧を求めた。

 芸妓衆は品のある落ち着いた色調の和服姿で市役所を訪れた。三島理事長が小野達也市長に年賀の品を手渡した後、芸妓文化への理解や後継者不足への支援を呼び掛けた。

 三島理事長は「芸妓は立派な職業。ぜひ後継者を増やしたい」とアピールし、小野市長は「貴重な地域の宝として、しっかり伝えていきたい」と支援に前向きな姿勢を示した。

 【写説】小野市長に年賀の品を手渡す伊東旧見番の三島理事長=伊東市役所