あいさつする大倉保護観察官=ダンコーエン・ボウル

 伊東地区保護司会(石井清之会長)はこのほど、熱海地区保護司会(宇畑良三会長)と合同の研修会を伊東市竹の内のダンコーエン・ボウルで開いた。両地区から約35人が参加し、講師の静岡保護観察所沼津駐在官事務所・保護観察官の大倉雄平さんと横田和之さんから「刑の一部執行猶予制度」を学んだ。

 刑の一部執行猶予とは裁判所が3年以下の懲役・禁錮を言い渡す時、1~4年執行を猶予できる制度。参加者は真剣な表情で観察官の話に耳を傾けた。大倉さんは冒頭のあいさつで「保護観察件数は年々減ってきている。それでも保護司は地域になくてはならない存在。0件を目指して活動していく」と話した。

 研修会後は懇親会が開かれ、出席者が情報交換し親睦を深め合った。両地区合同研修会は年1回開いている。

 【写説】あいさつする大倉保護観察官=伊東市のダンコーエン・ボウル