伊東市ゆかりの将棋のプロ八代弥六段(24)は28日、大阪市の関西将棋会館で指された新人王戦の3回戦で最年少プロ棋士藤井聡太七段(16)に敗れ、準々決勝進出を逃した。