■観光施設復旧に7200万円

 伊東市は本年度の一般会計補正予算案に、観光施設災害復旧事業として7200万円を盛り込んだ。県内に接近した台風12号の影響で大きな被害を受けた伊東マリンタウン(湯川)と宇根展望台(富戸)の復旧工事費。宇根展望台が1千万円、マリンタウンがボートヤード、係留施設の復旧工事など6200万円を計上した。市議会9月定例会に提出する。

 マリンタウンは高波により陸置きヤードの地面が隆起し、ひび割れや段差が生じたほか、ヨットやクルーザーにも被害があった。

 木製の宇根展望台は2000年に市が設置した。高床式のテラスから城ケ崎海岸や伊豆大島を望むことができるスポット。台風による高波を受けて全壊した。