黄金色に色づいたイチョウを見上げる杉山さん=富戸

 伊東市富戸のギンナン農家杉山豊さん(71)の畑で、イチョウが色付いた。初冬の日差しを浴びて、黄金色に輝いている。

 杉山さんはギンナンを採るため、約4500平方メートルの畑で「藤九郎(とうくろう)」「久寿(くじゅ)」など約50本のイチョウを育てている。今年は大型の台風が接近したが、幸いなことに塩害や倒木などの被害はなく、ほぼ例年並みの量を収穫できたという。

 先日今シーズン最後の品を出荷したばかりという杉山さんは「無事に終わってほっとしている。色づいたイチョウを見ると、よく頑張ったと褒めてもらっているような気持ちになる」と笑顔で話した。

 【写説】黄金色に色づいたイチョウを見上げる杉山さん=伊東市富戸