オークションに出品される大魚干物のタルイカとブリ=宇佐美の伊豆中

 26、27の両日、伊東市の松川藤の広場で開かれる大物産市「第25回伊東温泉めちゃくちゃ市」(実行委員会主催)の目玉企画「めちゃくちゃ大オークション」に出品されるタルイカなどの“大魚干物”が23日までに完成した。加工に協力した宇佐美の水産加工会社・伊豆中は、高値で競り落とされることを期待する。

 干物は全て石川県産で、重さ11・8~15・3キロ、体長(胴体部分)104~113センチのタルイカ4匹と、11・8キロと13・3キロ、体長95センチのブリ2匹の計6匹。伊豆中に勤務するベテラン職人らが出刃包丁でさばいて塩漬けし、2日間、天日に干し仕上げた。

 長年、大魚干物の加工作業に協力する伊豆中の鈴木亮社長(39)は「今回、特にブリは脂が乗っていて、いい干物になった。ぜひ高値が付いてほしい」と話している。また、同社に勤務する中国人従業員の〓軍杰=シャ・グンケツ=さん(22)らは26日開催の「ひもの開き日本一大会」に初出場する予定で「目標は優勝」と力を込めた。

 オークションは26日午後1時半、27日は午前10時半から行う。

 【写説】オークションに出品される大魚干物のタルイカとブリ=伊東市宇佐美の伊豆中

〓(4f58)は全の王が示