青竹の雛壇作りを進める実行委メンバーたち=伊東商工会議所

 ■仏現寺に「118段飾り」

 伊東市で2月22日~3月3日、ひな祭りイベント「第7回伊東MAGARI雛(まがりびな)」(実行委員会主催)が開かれる。市内各所にさまざまな雛飾りが並び、華やかなひな祭りの雰囲気を演出する。実行委は本番に向け、青竹を使った雛壇作りに取り組んでいる。

 実行委は、同市銀座元町の伊東商議所で作業している。市内で竹林保全活動に取り組む「森のボランティア」から提供された太い青竹を、雛壇に加工している。実行委メンバーが、長さをそろえて切断して組み合わせたり、人形を飾るために一部をくりぬいたりする作業を丁寧に進めている。

 イベントではキネマ通りと中央通り、仏現寺、東海館、市役所、伊東マリンタウン、JR伊東駅、伊豆急伊豆高原駅に特色ある雛飾りを展示する。仏現寺には、石段を利用した「118段飾り」がお目見えする。

 【写説】青竹の雛壇作りを進める実行委メンバーたち=伊東商工会議所