障害物をよけるデモンストレーションを見せる池田さん(左)と盲導犬PR犬=伊東高

 伊東ライオンズクラブ(青山登美男会長)は28日、県立伊東高で盲導犬キャラバンを開いた。日本盲導犬協会の池田義教さん(30)と伊豆の国市の盲導犬ユーザー山上隆幸さん(65)を招き、1年生147人に盲導犬や障害者への接し方を伝えた。

 池田さんは盲導犬の役割として(1)曲がり道を教える(2)障害物をよける(3)段差を教える−を実演して見せた。盲導犬の訓練方法、特性、種類なども話した。

 山上さんは目が見えにくくなってから盲導犬を飼うまでの経過を紹介し、「盲導犬がいても、横断歩道など困ることがある。障害者には声を掛けてほしい」と協力を呼び掛けた。

 昨年に続き2回目。

 【写説】障害物をよけるデモンストレーションを見せる池田さん(左)と盲導犬PR犬=伊東高