15日スタートの“月9”ドラマ「海月姫」の会見に登場した芳根京子さん

 女優の芳根京子さんが、11日に東京都内で行われたフジテレビの新“月9”ドラマ「海月姫」の第1話完成披露試写会に出席した。ボルドーを基調にした個性的なデザインのプリーツワンピースに、存在感のあるブラックのサンダルを合わせたコーディネート。髪をタイトに結び、揺れるタイプの大ぶりのイヤリング、赤いペディキュアで大人っぽく装っていた。

 会見には、オタクの月海を変身させようとする女装美男子・鯉淵蔵之介役の瀬戸康史さん、蔵之介の弟で女性経験がない堅物エリート・鯉淵修役の工藤阿須加さん、鯉淵家専属の運転手・花森よしお役の要潤さん、蔵之介と修の父で大物国会議員・鯉淵慶一郎役の北大路欣也さんも出席した。

 ドラマ「海月姫」は、東村アキコさんの同名マンガが原作。「男を必要としない人生」をモットーに掲げる“オタク女子”が集う共同アパート「天水館」を舞台に、自らを「尼~ず」と称するオタク女子たちの姿と、主人公の月海の初恋と成長を描く。15日から毎週月曜午後9時に放送。初回は15分拡大版。

毎日キレイ