線香を手向け手を合わせる墓参者=伊豆の国市寺家の願成就院

 春の彼岸中日の20日、各地の寺院は墓参りする人たちの姿が目立った。墓参者は暖かく穏やかな陽気の中、墓をきれいに掃除して先祖の霊を慰めた。

 伊豆の国市寺家の願成就院にも午前中から、多くの家族連れなどが訪れた。神奈川県、清水町からともに夫婦で来たという兄妹は「彼岸くらいしか来られない」と話しながら、先祖が眠る墓に花や線香を手向けて、手を合わせた。

 【写説】線香を手向け手を合わせる墓参者=伊豆の国市寺家の願成就院