「夢を開く」をテーマに論文を発表する出場者=伊豆の国市古奈のホテルサンバレー富士見

 国際ソロプチミスト伊豆天城(中村美里会長)は14日、伊豆の国市古奈のホテルサンバレー富士見で「ソロプチミスト ユース・フォーラム2017」の代表選考会を開き、水品綾子さん(県立韮山高2年)と日吉未悠さん(県立三島南高3年)を代表に決めた。2人は7月25日に名古屋市で開かれる本大会に参加する。

 選考会には三島・田方地区の女子高校生14人が出場。「夢を開く―教育は世界を変える」をテーマに、第1次審査で論文(1200字程度)を発表、第2次審査で意見交換を行った。

 会員15人が審査員を務め、内容や態度、積極性、声の大きさなどを総合的に評価した。

 中村会長は「緊張せず、リラックスして自分の気持ちを話してほしい」と呼び掛けた。

 女子学生たちがテーマに沿って話し合い、相互理解を深めながらより豊かな社会の実現を目指すフォーラムで、2年おきに開催している。

 【写説】「夢を開く」をテーマに論文を発表する出場者=伊豆の国市古奈のホテルサンバレー富士見