2020年東京五輪・パラリンピックの自転車競技会場となる伊豆市大野の伊豆ベロドロームで30日、開催3年前イベント「ふじのくにサイクルチャレンジin伊豆」が開かれる。五輪開催のちょうど3年前に参加型イベントを行い、ムードを盛り上げる。

 前半は「フラッグツアー・フラッグ歓迎イベント」(東京都、東京2020組織委員会など主催)を開催。フラッグ・アンバサダー(大使)を務める沼津市出身のバルセロナ五輪競泳金メダリスト岩崎恭子さんから、川勝平太知事や菊地豊市長、小中学生代表に五輪旗・パラリンピック旗が引き継がれる。午前10時15分~11時(受け付けは午前9時から)。観覧者には東京大会関連グッズをプレゼントする。

 引き続き11時5分からオリンピック・パラリンピック・クイズ、11時半から日本トップクラス選手によるデモンストレーションを行う。

 午後0時半~4時は「乗って楽しめる自転車イベント」(県、同市主催)を開催。トラック走行・歩行体験、マウンテンバイク試乗体験、パラサイクリング自転車展示・試乗、バーチャル自転車ゲームなどを行う。スタンプラリーもある。事前申し込み不要。

 伊豆箱根鉄道修善寺駅から午前8時20分~10時、無料シャトルバスを運行する。