歴バスの乗車券と「寄り道特典」のスタンプとクリアファイル

 ■記念参拝印、クリアファイル 乗車券掲示でサービスも

 伊豆の国市は10月から、市内を走る観光周遊型韮山反射炉循環バス「歴バスのる~ら」の運賃を改定する。1乗車100円を1日乗り放題300円に変更する。新たに乗車券を掲示することで、協賛事業者からさまざまなサービスが受けられる「寄り道特典」を付ける。

 歴バスは市内の名所を効率よく回れるようにと、2015年11月に運行を開始した。同年度は61日運行し7667人(1日平均126人)、16年度は174日で14094人(同81人)の利用があった。

 しかし、世界文化遺産・韮山反射炉を訪れて帰る人が多い。そこでほかの名所にも足を運び、市内の滞在時間を延ばそうと運賃改定などを決めた。

 協賛事業者は飲食店や宿泊、観光施設など21業者で、乗車券を見せると割引を受けられたり、記念品がもらえたりする。寄り道特典は、乗車券購入日の翌日まで有効になる。

 寺家の願成就院では、利用者限定特典として同院所蔵の運慶作の国宝「毘沙門天立像」の記念参拝印を専用用紙に押してもらえる。さらに、伊豆箱根鉄道伊豆長岡駅前観光案内所でその用紙と乗車券を掲示すると、韮山反射炉クリアファイルがもらえる。

 運行日は、土曜・日曜日、祝日と平日の指定する日。1日には事業開始のイベントを行う。午前9時半から伊豆長岡駅構内で、パンフレット配布や見送りをする。反射炉のマスコットキャラクター「てつざえもん」も参加する。問い合わせは市政策推進課〈電055(948)1413〉へ。

 【写説】歴バスの乗車券と「寄り道特典」のスタンプとクリアファイル