県道拡幅工事に伴い新設した駐輪場=函南町のJR函南駅

 函南町は13日、桑原のJR函南駅前に新設した駐輪場の供用を開始した。駅前の県道拡幅工事に伴い既設の台数が減ったため新設した。

 新駐輪場は道路を挟んだ約250平方メートルに整備した。利用台数は140台。3台の防犯カメラも設置した。事業費は約2200万円。新設により既設と合わせ300台以上に増えた。

 同日早朝、新駐輪場で森延彦町長が関係者ら約20人を前に供用開始を宣言し、利用する通学、通勤者らに交通安全グッズを配りオープンを知らせた。町は「駅とは道を挟んでいるので交通事故に注意して利用してほしい」と呼び掛けている。

 駅前の駐輪場は平日ほぼ満車状態。県道拡幅工事により約100台分の敷地が削られたため、町は臨時駐輪場を設けて対応した。

 【写説】県道拡幅工事に伴い新設した駐輪場=函南町のJR函南駅