サイクルトレーラーを連結した自転車などに試乗する参加者=伊豆市柏久保

 ■子どもと一緒に自転車を

 伊豆市の伊豆箱根鉄道修善寺駅前で電動アシスト自転車の貸出所「いずベロ」を運営するNPO法人ステキなごえん(後藤順一理事長)は、自転車の後方に連結して子どもや荷物を乗せて走ることができるサイクルトレーラーを購入した。当面は市民向けイベントなどで活用する。

 「子どもと一緒に自転車に乗れるか」という問い合わせが多いことを受け、試験的に購入した。車道を走ることはできるが、自転車通行可能の歩道は走れないなどの決まりがある。横浜市では、すでにレンタルしている施設もあるという。

 市内の親子を招いた試乗会を29日、柏久保の狩野川堤防で行った。4月から小学2年、こども園年少になる姉妹は、母親が自転車でけん引するトレーラーに乗り「楽しかった」「怖くなかった」と笑顔を見せた。2人乗り自転車などの試乗も併せて行った。

 後藤理事長は「伊豆市の道路状況を考えると、すぐに貸し出すことは難しい。今後は定期的に市民向けイベントを開く予定なので、そこで活用したい」と話した。

 【写説】サイクルトレーラーを連結した自転車などに試乗する参加者=伊豆市柏久保