静岡商業―日大三島 日大三島は八回裏、石井の中前適時打で新井がホームに生還し3点目を挙げる=清水庵原球場

 第100回全国高校野球選手権静岡大会は22日、4球場で4回戦8試合を行い、伊豆地区からは日大三島、知徳の2校が出場した。シード校の知徳、前年準優勝の日大三島ともに敗れ、ベスト8入りはならなかった。

 ■日大三島 先制も及ばず

【清水庵原球場第1試合】

静岡商業

010011102―6

200000010―3

日大三島

 日大三島は初回に2点を挙げるも、逆転を許し、静岡商業に3−6で敗れた。

 初回、先頭の篠原が二塁打で出塁すると、3番蒔田が左前に適時打を放ち、1点を先制。4番原賀が二塁打で続き、幸先よく2点を挙げた。六回には5番日高の右前安打などで好機をつくるが、得点にはならなかった。

 八回、6番新井に右前安打が出て2死一塁とし、盗塁で好機を広げると、途中出場の石井が中前適時打を放って3点目。九回には2死から2番土屋が中前打で出塁したものの、後続がなく勝利はならなかった。

 新井将貴主将は「決勝で負けて悔しい思いをした昨年の忘れ物を取りに、みんなを甲子園に連れて行きたかった」と涙をこらえた。

 ■知徳 好機で走者かえせず

【清水庵原球場第2試合】

静岡市立

003000030―6

100101000―3

知徳

 知徳は初回に先制し六回に同点に追いついたが、静岡市立に3−6で敗退した。

 初回に1点を先制した知徳は四回、5番鈴木泰の内野安打、7番天野の三塁線を破る適時二塁打などで1点を返し、2−3とした。

 六回には鈴木泰が左前安打で出塁、犠打でつなぐと7番天野が中前安打で1死一、三塁の好機をつくった。続く8番中島がスクイズを決め、1点を返し3−3の同点に追いついたが、その後終盤は打線が沈黙。継投の播磨、小船らが好投する一方、度重なる好機で走者をかえせず、一歩及ばなかった。中野賢斗主将は「本当に最高のチームだった。絶対に勝ち、甲子園に行くことを目標にやってきた」と言葉を詰まらせた。

 【写説】静岡商業―日大三島 日大三島は八回裏、石井の中前適時打で新井がホームに生還し3点目を挙げる=清水庵原球場

 【写説】静岡市立―知徳 六回裏、自身の左前安打から好機を広げ同点のホームを踏む知徳の鈴木泰=清水庵原球場