900万人の記念の来場者となった神奈川県平塚市の五十嵐さん一家=伊豆市の土肥金山

 ■五十嵐さん(神奈川平塚)家族に純金贈呈 「最高の思い出」

 伊豆市土肥にある観光施設「土肥金山」(土肥マリン観光、小林貴宣社長)は27日、開業47年目で入場者900万人を達成した。節目の来場となった神奈川県平塚市の家族連れ8人に、記念品として5万円相当の純金(インゴット)10グラムなどをプレゼントした。

 同社が経営する土肥金山は、1972(昭和47)年に観光坑道としてオープンし、7年前に入場者800万人を達成している。

 900万人目となったのは長男夫婦や孫、ひ孫と一緒に1泊2日で伊豆旅行に訪れた五十嵐桂子さん(80)ら一家。入場ゲートで金色のくす玉を小林社長と一緒に割り、インゴットのほか金箔の花瓶や花束が贈られた。

 ちょうど誕生日を迎えたばかりという五十嵐さんは「偶然とはいえ、夢にも思わなかった。とてもうれしい。ここには友人や社員旅行で何度も来ているが、きょうは孫やひ孫と一緒に来ることができたし、最高の思い出になった」と喜んだ。

 同施設は来場900万人達成を記念し、人気ナンバーワンの「金箔カステラ」を900本限定で割引価格で販売する。2月3日まで土肥桜の夜間ライトアップも開催中で、日当たりの良い場所ではほぼ満開を迎えている。

 【写説】900万人の記念の来場者となった神奈川県平塚市の五十嵐さん一家=伊豆市の土肥金山