三島市議会2月定例会は28日、3会派が代表質問を行った。豊岡武士市長は、市制90周年(2031年度)の供用開始を目指す新庁舎建設について「庁舎に求められる規模、機能について、住民や、各種団体から推薦された市民らを対象に、5月から7月にかけてワークショップを開催し、9~11月に、無作為抽出した市民2千人のアンケートを予定している」と答えた。

 豊岡市長はさらに「学識経験者、市民代表らによる検討委員会を設置し、規模や機能、候補地の抽出と比較の検討を行い、基本構想の基となる答申をもらいたい」と明かした。3月中旬に議員説明会も開催し、意見を求める意向も示した。

 土屋俊博氏(改革みしま)への答弁。