ヒマワリのフォトスポットで記念撮影を楽しむ家族連れ=三島市一番町の楽寿園

 第7回「みしま花のまちフェア」(実行委員会主催)が25日、三島市一番町の楽寿園をメイン会場にスタートした。白滝公園や市内の遊歩道などが色とりどりの花で彩られ、にぎやかなムードで市民や観光客を楽しませている。26日まで。

 期間中は無料開放する楽寿園では、華やかな「花のオブジェ」やハート形やヒマワリの「フォトスポット」、地元園児による「花の壁画アート」などが来園者の関心を集めている。初日はサンバもあり、盛り上がった。

 インスタグラムを使った「花と笑顔のフォトコンテスト」では、会場周辺で撮影し、最優秀や優秀賞に選ばれると、箱根西麓牛やウナギなど三島にちなんだ豪華賞品が贈られる。三島田町駅には、田方農業高の生徒が花の“インスタ映え”空間も創出した。子どもと一緒に訪れた市内の家族連れは「いろいろなフォトスポットがあって楽しい」と喜んだ。

 【写説】ヒマワリのフォトスポットで記念撮影を楽しむ家族連れ=三島市一番町の楽寿園