手作りの案内板を手に「牛原山フェスタ」開催をアピールする町職員=松崎町役場

 松崎町で18日、町中央部の標高236メートルに位置する「牛原山町民の森」を会場にした、町民提案型の新しい野外体験プログラム「牛原山フェスタ」が開かれる。当日は計九つの多彩な体験メニューを用意し、思い思いに自然豊かな山ならではの魅力を感じてもらう。

 里山ヨガやコーヒーやパンなどが味わえる「牛原山カフェ&ベーカリー」、野外授業「青空教室」などのほか癒やしのハンモックカフェ、ツリークライミングを生かした「集まれ城ビルダー」など。

 自由な“冒険遊び場”がテーマの専門出前講座「牛原山プレーパーク」や、県と町が連携して整備・管理する新マウンテンバイクの体験コース(360メートル)もある。一部有料。

 プログラム参加には1人につき保険料200円が必要。当日は伊豆の長八美術館など臨時駐車場を用意。町は「山頂までの道が細いため、来場する人はぜひ送迎用の往復ワゴン車を利用してほしい」と呼び掛けている。

 午前9時半~午後4時。関連企画として20日午後2時半から無料講座「森のようちえんから学ぶ自然とともに子育て」も町内で開く。問い合わせは町企画観光課〈電0558(42)3964〉へ。

 【写説】手作りの案内板を手に「牛原山フェスタ」開催をアピールする町職員=松崎町役場