松崎町長選への出馬を正式表明する長嶋氏=松崎町環境改善センター

 元静岡銀行行員で、前松崎町議の長嶋精一氏(66)=岩地=は29日、町環境改善センターで会見を開き、任期満了に伴う同町長選(11月28日告示、12月3日投開票)に無所属で出馬することを正式に表明した。長嶋氏は「銀行員時代に培った“徹底した現場主義”を貫くことで、松崎町をはじめとした地域経済の悪化に歯止めをかける」と抱負を語った。

 長嶋氏は岩地出身で40年にわたり静岡銀行に勤務。執行役員沼津支店長など支店長歴6店舗、その後常務執行役員・東部カンパニー長、関連会社の静岡不動産社長などを歴任した。2015年4月の町議選で初当選した。

 同日付で町議を辞職した長嶋氏は(1)農林水産観光業の一体推進による経済活性化(2)災害に強いまちづくり(3)医療・福祉の充実−を挙げ「『身近なこと、できることから』をモットーに町民満足度の高い町を目指し、松崎を再生させる。最初の2年でその基礎作りに取り組む」と述べた。具体的施策として▽町長報酬を従来実績の半分に(残り半分を福祉へ充当)▽順天堂病院への直通バス運行▽買い物に不自由な地区への曜日指定型マイクロバス巡回−を掲げた。

 同町長選には、これまでに有料老人ホーム運営の森ペン氏(72)が立候補を表明し、前城西国際大副学長の石田益実氏(69)が出馬の意向を示している。

 現職の斎藤文彦氏(68)=2期=は、不出馬を明らかにしている。

 【写説】松崎町長選への出馬を正式表明する長嶋氏=松崎町環境改善センター