強い日差しを受け穂が淡い黄金色に輝くススキ野原=東伊豆町稲取の細野高原

 ■ 「スケール大きい」

 東伊豆町稲取の細野高原でススキが見頃を迎えた。夏のような強い日差しとなった12日は穂が淡い黄金色に輝き、風に揺れ波打つ絶景が観光客らの目を奪った。

 標高400~800メートルにある同高原は広さ125ヘクタールで、箱根・仙石原の7倍というススキ野原、相模湾や天城山の眺望を誇る。神奈川県横須賀市から旅行で初めて来た角田之男さん(77)・敬子さん(72)夫妻は「前々から来たいと思っていた。とてもすてきでスケールが大きくびっくりした」と感動しながら見入った。

 町観光協会が11月10日まで「秋のすすきイベント」を開いている。雨天中止。入山料は中学生以上600円。小学生以下は無料。詳しくは同協会〈電0557(95)0700〉へ。

 【写説】強い日差しを受け穂が淡い黄金色に輝くススキ野原=東伊豆町稲取の細野高原