研究会のメンバーからできたての「しおかつおうどん」を受け取る子どもたち=西伊豆町の賀茂幼稚園

 ■できたて「どうぞ」

 西伊豆町の西伊豆しおかつお研究会のメンバーが16日、町立賀茂幼稚園を訪れ、田子の伝統保存食「潮かつお」を使ったご当地グルメ「しおかつおうどん」を園児に振る舞った。

 潮かつおはカツオを丸ごと塩漬けにして乾燥させた食材で、フレーク状にしたふりかけやかつお節などと一緒にできたてのうどんを提供した。給食の時間に3~5歳児計17人が仲良く机を囲み、「おいしい」「カツオの味がする」と笑顔で口に運んだ。お代わりを求める子どももいた。

 同研究会は毎年地域の学校や園などを訪問し、地元の伝統継承活動を続ける。園児らを前にしたあいさつで、「1300年の歴史があり、自慢できる食材が西伊豆にあることをしっかり感じ取ってほしい」と呼び掛けた。

 【写説】研究会のメンバーからできたての「しおかつおうどん」を受け取る子どもたち=西伊豆町の賀茂幼稚園