年末年始の食材を求める買い物客でにぎわう「年末市」=河津町笹原の河津桜観光交流館

 河津町観光協会が運営する同町笹原の河津桜観光交流館で29日、恒例の「年末市」が開かれ、年末年始の食材を求め多くの買い物客でにぎわった。

 商品が多いため、交流館正面玄関前に売り場を開設した。大根、白菜、サトイモ、ミカン、ポンカンなど地元生産者が持ち込んだ新鮮な野菜や果物などに加え、干物や焼きたてパンなども販売した。

 午前8時のオープン時には、約50人が行列をつくった。「新鮮で安いから」と、みんな買い物籠いっぱいに商品を入れ、レジに並んだ。

 同交流館は、年末年始も休まず営業する。営業時間は午前8時~午後5時。

 【写説】年末年始の食材を求める買い物客でにぎわう「年末市」=河津町笹原の河津桜観光交流館