アグリビジネスリーディングの社員たち=南伊豆町下小野

 ■耕作放棄地の稲作拡大評価

 南伊豆町下小野の農林業会社アグリビジネスリーディング(中村大軌さん経営)が、本年度の県「ふじのくに未来をひらく農林漁業奨励賞」を受賞した。賀茂地区からは唯一で、耕作放棄地での稲作拡大が評価された。12日に県庁で表彰式が行われる。

 同社は2009年に創業し、20~50代の社員7人が活動する。同町南上、南中地区と下田市朝日地区で12ヘクタールの水田を耕す。

 南伊豆原産の愛国米を栽培し、地酒「古里凱旋・身上起(ふるさとがいせん・しんしょうおこし)」の酒米を供給する。わせのミルキークイーンも作り例年、賀茂地区で最も早い田植えを行う。

 おいしい米ときれいな山を南伊豆から発信する―が活動テーマで、中村さんは「これからも放棄地を減らし地産地消を進めたい」と語った。山林整備も請け負う。

 同賞は先進的な取り組みを3年以上行う団体・個人を表彰するもので、本年度は11件の受賞があった。

 【写説】アグリビジネスリーディングの社員たち=南伊豆町下小野