■1千万円基本に交渉 

 東伊豆町は24日、売却を協議している白田の町営健康づくり拠点施設「アスド会館」について、売却額1千万円を基本に交渉し2018年度中の契約を目指していることを明らかにした。同日開かれた定例記者会見で太田長八町長が発表した。

 協議は河津町浜の動物園「iZoo(イズー)」(白輪剛史社長)と進め、詳細内容を詰めている。売却対象は本館敷地約6200平方メートルと、鉄筋コンクリート造り6階建て延べ床面積約6750平方メートル。

 町によると、アスド会館は、老朽化が進み、体育館とプールを合わせた年間の維持管理費が約2600万円かかっている。本館売却後、体育館とプールについてどうするかは検討中という。

 イズーは動物園飼育員やペットショップオーナーなど動物に携わるスペシャリストを育成する認可外教育施設の2020年4月開校を計画している。