福祉活動の実践に対する表彰を受ける功労者たち=松崎町環境改善センター

 ■大会宣言も

 第34回松崎町社会福祉大会(町、町社会福祉協議会など主催)が26日、町環境改善センターで開かれた。約80人が参加して社会福祉の充実を誓い、地域の福祉活動に貢献した12人を表彰した。

 同協議会の堀谷八千代会長が「安心、安全に過ごせる町を目指し、心を一つに取り組んでいく」とあいさつ。大会宣言で▽子どもたちの福祉教育の充実と心の育み▽ボランティア活動の促進−など五つの重点推進を誓った。「遊(あそ)・VIVA(びば)! ネットワーク」代表による記念講演も行われた。

 今大会は町老人クラブ連合会・さんさん松崎の福祉大会と合同で実施、併せて表彰を行った。

 表彰者は次の通り。

 【町社会福祉協議会会長表彰】在宅福祉協助者表彰 細田盾子(峰輪)土屋宇良子(岩地)吉岡育子(同)稲葉八重子(雲見)▽社会福祉功労者表彰 稲葉一夫(江奈1)関静代(同)野田二郎(宮内)平野淳子(桜田)佐藤節子(小杉原)河浦あさ子(南郷)船津和世子(船田)細田恵子(峰輪)

 【さんさん松崎会長表彰】役員表彰 佐藤貞義(八木山)▽会員表彰 佐藤順三(同)

 【写説】福祉活動の実践に対する表彰を受ける功労者たち=松崎町環境改善センター