90年の歴史をつづった記念誌と郷土の歌を収録したCD

 ■地元の歌収録CDも

 下田市の蓮台寺温泉組合(小川治夫組合長、組合員約60人)は、温泉の歴史や郷土の記録をつづった記念誌「創立90年のあゆみ」を3年間かけて制作した。27日、蓮台寺公会堂で発表会見が開かれた。

 2014年12月の同組合創立90年を機に、下田温泉発祥の地と伝わる同温泉の歴史資料を残そうと企画した。編さん委員長を務めた小川組合長は「時代の勢いにのまれて温泉の力も衰えたが、後世に引き継ぐことのできる記念誌ができた」と胸を張った。

 記念誌はカラーのA4判で約200部を印刷した。▽幕末に行われた湯たるの江戸移送に関する記述▽吉田松陰、幸田露伴や山本周五郎、ジミー・カーター米大統領といった歴史上の人物が訪れたエピソード▽大正~昭和期の地元の風景や旅館の写真−など貴重な情報を収めた。併せて地元の歌を収録したCDも100枚作った。

 記念誌は関係者に配布したが、希望者は1冊千円で購入できる。CDは1枚500円。問い合わせは小川組合長〈電0558(22)4941〉へ。

 【写説】90年の歴史をつづった記念誌と郷土の歌を収録したCD