ペリー提督に扮して餌付けをするダイバー=下田市三丁目の下田海中水族館

 下田市三丁目の下田海中水族館(阪本清嗣総支配人)は、黒船祭に合わせて「時代衣装での餌付けショー」を館内の大水槽アクアドーム・ペリー号で開いている。黒船艦隊を率いたペリー提督に扮(ふん)するダイバーが、魚たちに餌付けする姿が来館者を楽しませている。一日一回、午前10時35分開始。20日まで。

 大型連休後半の4日、ショーには約200人が集まった。黒の軍服と帽子を身に付けて、金色の袖章を光らせたダイバーが登場すると観衆は大喜び。餌に群がる約1万匹のマイワシやエイの姿に何度も歓声が上がった。長野県小諸市から家族5人で来た斎藤遙希君(6年)は「他の水族館では見ることができないと思う。かっこよかった」と感想を語った。問い合わせは同水族館〈電0558(22)3567〉へ。

 【写説】ペリー提督に扮して餌付けをするダイバー=下田市三丁目の下田海中水族館