来場者を魅了するキャンドルの光=西伊豆町の堂ケ島公園

 ■西伊豆と松崎合同

 西伊豆町の堂ケ島公園で9日夜、「伊豆キャンドルフェス」(実行委員会主催)が開かれた。キャンドル3千本と発光ダイオード(LED)1500球が公園内と周辺を暖かな光で照らし、来場者約1500人を魅了した。

 西伊豆・松崎両町で組織する実行委員会が連携し、観光振興を目指し企画した。

 点火式では鈴木洋史会長(堂ケ島食堂経営)がキャンドルに火をともし、続いて来場者が次々と点火した。公園内にはキャンドルで「2018 IZU CANDLEFES」の文字を作り、訪れた人たちが文字を背景に、記念撮影して楽しんだ。

 会場内の地元グルメをはじめとした飲食のブース、ミニライブも人気を集めた。

 鈴木会長は「地域住民をはじめ来場者数は想像以上で、ボランティアスタッフも40人も集まってくれた。今後も地域にプラスになるイベントを続けていきたい」と思いを語った。

 【写説】来場者を魅了するキャンドルの光=西伊豆町の堂ケ島公園