田子を中心に伊豆の風景や暮らしを写した力作=西伊豆町田子のギャラリー銀鱗

 ■会員7人、題材自由に28点

 西伊豆町の田子写真同好会(山本一磨会長)は20日まで、田子のギャラリー銀鱗で写真展「無題」を開いている。会員7人が28点を出品、田子を中心に伊豆各地の風景や人の暮らしを写した。

 イベントの太鼓、釣り人と朝焼けの富士山、クルーザーをスケッチする人など、自由な題材で地元の風景を切り取った。撮影地は仁科や安良里、修善寺で撮ったものもある。山本会長は「出品作の季節のバランスがよく、楽しんでもらえると思う」と話した。時間は午前8時半~午後6時半。

 【写説】田子を中心に伊豆の風景や暮らしを写した力作=西伊豆町田子のギャラリー銀鱗