広大なススキ草原の眺望を満喫する来場者=東伊豆町稲取の細野高原

 黄金色の大草原と相模湾の絶景を堪能できる「稲取細野高原 秋のすすきイベント」(東伊豆町観光協会主催)が10日、始まった。125ヘクタール(東京ドーム26個分)の野原に群生する美しいススキの海原が来場者を魅了している。今後、黄金色がさらに深まり今月中旬~下旬に見ごろを迎えるという。

 稲取に本格的な秋の訪れを告げるイベントで8年目。

 来場者は、シャトルタクシーに乗って同高原の絶景ポイント・三筋下に到着すると、三筋山山頂を目指して歩きながら、周囲に広がるススキの大草原の眺望を満喫した。伊東市から夫婦で来た佐藤正旦さん(74)は「(この風景を)待ちわびていた。ススキを見ると秋だなと感じる。やっぱりいいね」とほほ笑んだ。

 同イベントは11月9日まで、午前10時~午後4時に開催。入山料金600円(小学生以下無料)。雨天中止。

 期間中、スタンプラリーやフォトコンテスト、吹奏楽やギターの演奏会、餅まき、パラグライダー体験、自然観察会、細野ヨガフェスなどの催しを繰り広げる。

 問い合わせは同町観光協会〈電0557(95)0700〉へ。

 【写説】広大なススキ草原の眺望を満喫する来場者=東伊豆町稲取の細野高原